トップ

歯科医師による往診とは

加齢や障がい等が原因で歯科医院に通う事が難しい福祉施設の入居者や在宅生活者の歯のケアを行うために往診を行っている病院が増えてきています。往診のメリットは、医療機関に通う事が難しい人であっても歯のケアや悪い部分の治療を受ける事が出来る点です。また、医療機関に通わなくても健康な歯を長期間にわたって維持する事が出来る点です。医療機関以外でケアを行う事は医師にとっては負担になります。しかし、歯科に行きたくても行けない人や介護を行う家族等にとっては貴重な存在です。高齢や障がいといったハンデがあっても健康な歯を維持出来るという希望を多くの人々に与える存在です。

歯列矯正の優良医院はこちらです。
表側の見え無いクリアワイヤー治療や痛くない矯正が人気です。日本でも珍しい専門医だからこその安心と実績。

虫歯

歯科の往診、訪問診療について

歯科の医療機関でも往診や訪問診療を行っているところがあります。たとえば在宅での介護を受けている人で医療機関まで受診のために行くことが困難な人がいますので、そうした人を対象にしている医療機関があります。ただし、通常は外来をしていますので、いつも行っているわけではありません。また、歯科の場合はもし治療が必要となっても、患者宅へ持ち込める機材は限られているため、できることには限りがあります。なお、往診は患者側から予定外の日時に来て欲しいという場合に使い、訪問診療はあらかじめ決められた日時に患者のところに行って治療をすることを言います。

歯科の往診に関する情報

新着情報